トピックス

トップページ知って得するお役立ちコラム

コラム一覧

  • 福利厚生のアウトソーシングでこんなに経費削減!

    現代の企業活動においては、業績の好不調を問わず「経費削減」を徹底することで競争力を維持していく必要性が叫ばれるようになりました。経費削減を図るために「福利厚生費」の見直しを進める企業が多くあります。
    企業の福利厚生は、働く社員のモチベーションを維持するためにとても重要なものであり、単なる縮小では、返って企業を悪い方向に進めてしまう危険性があります。そのジレンマを解決する1つの方法が、「福利厚生のアウトソーシング」です。経費削減を図りながら、福利厚生の質を維持するために多くの企業が導入しています。

  • 高齢化社会の福利厚生で知っておきたい3つのこと

    総務省統計局が発表したデータ「人口推計」によると、日本の65歳以上の人口は2014年度時点で約3300万人に達したことが分かっています。これは、国民の約4人に1人が65歳以上であることを意味します。
    そして驚くべきことに、2055年ではその人口が3626万人まで膨れ上がる見通しだと推測されています。高齢化社会は、私たちが予想する以上に急速に進行していることが分かるでしょう。この現況や今後の見通しから、「要介護者」もどんどん増加していくという事実を私たちは受け入れなければません。ここでは、高齢化社会を迎えるにあたって、福利厚生に関して知っておくと便利な3つのことを紹介します。

  • 今注目の介護にまつわる福利厚生とは

    高齢化社会が進む今日において、たびたびクローズアップされる問題が「介護」です。特に介護する側の心身の疲労は非常に大きく、実際に介護を体験してみないとその気持ちを理解しにくいのも事実です。
    そういった状況を踏まえ、改正された「育児・介護休業法」が2010年に施行され、労働環境下においても介護を支援するための福利厚生制度が実施されています。
    ここでは、介護にまつわる福利厚生にはどんな制度があるのかをご紹介します。

  • ただの有給休暇だけじゃない!? ユニークな福利厚生の休暇

    有給休暇は福利厚生制度の一つであり、働く人の権利として法律で保障されています。しかしながら、希望通りに取得できていない現状も少なからずあります。ここでは、有給休暇の取得率を始めとする実情や、ほかではあまり見ないユニークな休暇について紹介しましょう。

  • 子育てしながら働ける社会へ。産前や産後の休暇を知ろう

    一昔前に比べ、働く環境が大きく変化してきていることは誰もが認めるところ。子育てを支援する福利厚生制度は、その大きな変化の一つと言えるでしょう。では、子育てをしながら働く従業員にとって嬉しい休暇制度には、どんなものが整備され始めているのでしょうか?ここでは、産前や産後に取得できる休暇についてご紹介します。

  • 育児と福利厚生の関係はこんなに深かった!?

    育児をしている社員に対する支援は、企業が行うべき重要な福利厚生施策です。「法定福利厚生制度」によって定められた雇用保険、健康保険への加入だけでなく企業が独自に設ける「法定外福利厚生制度」を充実させることで優秀な人材を確保しようとする動きが活発化してきています。
    ここでは、育児に関する福利厚生にはどんなものがあるのか、その歴史を踏まえて紹介しましょう。

お問合せ・資料請求

お電話から

03-5646-5526

受付時間/平日10:00〜18:00

会員の方はこちらえらべる倶楽部 会員サイト