トピックス

トップページ知って得するお役立ちコラム福利厚生のアウトソーシングでこんなに経費削減!

福利厚生のアウトソーシングでこんなに経費削減!

現代の企業活動においては、業績の好不調を問わず「経費削減」を徹底することで競争力を維持していく必要性が叫ばれるようになりました。経費削減を図るために「福利厚生費」の見直しを進める企業が多くあります。
企業の福利厚生は、働く社員のモチベーションを維持するためにとても重要なものであり、単なる縮小では、返って企業を悪い方向に進めてしまう危険性があります。そのジレンマを解決する1つの方法が、「福利厚生のアウトソーシング」です。経費削減を図りながら、福利厚生の質を維持するために多くの企業が導入しています。

福利厚生をアウトソーシングする目的

福利厚生のアウトソーシングとは、企業内で提供していた福利厚生を、外部の企業に委託することで、代わりにその内容を考えたり、サービスの提供手続きを代行するサービスです。企業の福利厚生は、自社で施設やサービスを保有、維持するとそのコストは莫大なものとなり、施設を保有していなくても企画、運用するための人的な費用や工数もかかるのが実情です。
福利厚生をアウトソーシングすることで、これらの費用や工数から解放され、コアとなる企業活動に企業資源を集中することが可能になります。現在では、数多くの福利厚生のアウトソーシングサービス企業が存在しており、充実したメニューが社員に提供されています。

アウトソーシングした場合のサービス面のメリット

サービス面の最大のメリットは、豊富なメニューが提供されることです。自社独自では到底提供できない、福利厚生のプロだからこそ提供できるさまざまなサービスを従業員に提供することができます。
さらに、従業員がサービスを受けるための手続きも、サービス提供企業のWebサイトなどを通じて簡単に申し込めるようになっているため、申請書といった書類手続きの煩わしさから解放されます。書類がないこと、受付窓口が社外にあることで、従業員は企業に気兼ねせずに申込みができるでしょう。

アウトソーシングした場合のコスト面のメリット

福利厚生をアウトソーシングすることで、社員一人当たりのコストを大幅に削減することが可能です。充実したサービスを自社で提供しようとすると、そのための仕組みから整える必要があるため、莫大なコストが発生してしまいます。しかし、既にさまざまな企業に福利厚生のサービスを提供しているアウトソーシング企業なら、そのための仕組みが整っているため、自社で運用する場合に比べて比較的安価で実施することができるのです。
少ない費用負担で福利厚生サービスを提供できれば、個々の従業員が払う費用も減るため、企業だけでなく従業員にとっても大きなメリットになります。

適切なアウトソーシング企業を探す

アウトソーシングサービスを提供する各社は、旅行や宿泊に強い企業、エンターテインメントに強い企業といったように、それぞれに特徴があります。また、料金体系についても会費内で全てのサービスが利用できる一括精算方式と、利用ごとに精算する方式に分かれています。
アウトソーシング企業を選ぶ際には、どんなサービスや料金体制が整えられていて、フォロー体制はしっかりとしているのかなどをチェックする必要があります。企業の福利厚生の方針や社員の潜在ニーズをよく吟味して、適切なアウトソーシング企業を探しましょう。

企業の財産である社員のモチベーション維持はもちろんのこと、リクルーティングにおいても企業が魅力的であると認識してもらうためにも、社員にどんな福利厚生サービスを提供するかということは重要なポイントです。
経費削減を考慮しつつ、人材確保を図る意味でも、福利厚生のアウトソーシングを一度検討してみることをおすすめします。

一覧へ戻る

お問合せ・資料請求

お電話から

03-5646-5526

受付時間/平日10:00〜18:00

会員の方はこちらえらべる倶楽部 会員サイト